fluent-plugin-mysqlrecord作ってみた

fluent-plugin-mysqlrecord作ってみた

December 4, 2015,
tags: fluentd ruby gem


このエントリーをはてなブックマークに追加

生まれて初めてgemのパッケージを作ってみました。
fluent-plugin-mysqlrecord

fluent-plugin-mysqlで事足りるかと思ったのですが、どうやらkey_namesとかcolumnsを指定しなきゃいけないので、単純にinputしたデータを流すoutput pluginが欲しかったんですよね。

保存したいログの種類がたくさんあって、ログの種類毎にmysqlのテーブルに保存したかったのですが、設定ファイルに書いているとかなり大変だったので、作りました。

使い方

fluent-plugin-forestと組み合わせて、tagからテーブル名を指定して、そのテーブルにきたデータを流し込む見たいなイメージです。

もちろんfluent-plugin-forestを使わなくても大丈夫です。

<match application.**>
  type forest
  subtype mysqlrecord
  <template>
     host 127.0.0.1
     database table_name
     username root
     password root
     table ${tag_parts[1]}
     flush_interval 5s
  </template>
</match>

or

<match application.**>
  type mysqlrecord

  host 127.0.0.1
  database table_name
  username root
  password root
  table app_logs
  flush_interval 5s
</match>

って感じで使えます。

最後に

テストは後で書きます・・・。

comments powered by Disqus