polidog lab++

Blog
Doctrine2のQueryBuilderでUPDATEとかDELETEを行う

Doctrine2のQueryBuilderでUPDATEとかDELETEを行う

Mar 29, 2014 | tech | php symfony2 doctrine2

Doctrine2でUPDATEするときのサンプルってfindしてEntityオブジェクトを取得してremoveする方法が一般的に紹介されている方法だと思います。

<?php
  $em = $this->getDoctrine()->getEntityManager();
  $post = $em->find('HogeFugaBundle:Post', $id);
  if (!$post) {
      throw new NotFoundHttpException('データがありません');
  }
  $em->remove($post);
  $em->flush();
?>

一つのデータを消すのにはこれぐらいでもちょうどいいんですが、100行とか、1000行のレコードを削除するときはこの方法はよいアプローチだと思いません。
じゃあどのようなアプーチが良いのか?以下のようにQueryBuilderを利用すれば簡単にデータの削除ができます。
たとえば、ブログの指定したユーザーの投稿をすべて削除する場合にこのような書き方ができます。

<?php
  $em = $this->getDoctrine()->getEntityManager();
  $em->createQueryBuilder()
    ->delete("Blog","b")
    ->where('b.user_id = :user_id')
    ->setParameter('user_id', 1);
?>

このコードをしらないと、無駄なコードが多くなってしまうので覚えておくと良いかと思います。
また、deleteができるならupdateもできるわけですよ。

<?php
  $em = $this->getDoctrine()->getEntityManager();
  $em->createQueryBuilder()
    ->update("Blog","b")
    ->set("b.category", 2)
    ->where('b.user_id = :user_id')
    ->setParameter('user_id', 1);
?>

これで無駄ならループや、無駄にEntityオブジェクトを生成しないのでメモリの節約にもなりますね!!

comments powered by Disqus

関連記事

© 2017 polidog lab++