CentOS5.6 x86_64でGitLabを動かしてみた

November 7, 2011,
tags: centos gitlab


このエントリーをはてなブックマークに追加

CentOSでGitLabを動かしてみました。
なおgitosisはすでにインストール済みとします。

まずはRubyのインストール。どうやらgitlabはruby1.9.2が必要らしく、yumとかではいらないみたいです。(2011/11現在)
なんで、普通にコンパイルしていれましょう。(まあrpm化していれようとおもってmake installしてしまった僕ですがw)

# cd /usr/local/src
# wget http://core.ring.gr.jp/archives/lang/ruby/1.9/ruby-1.9.2-p290.tar.gz
# tar zxvf ruby-1.9.2-p290.tar.gz
# cd ruby-1.9.2-p290
# ./configure --prefix=/usr
# make
# make install

あとsqliteもyumだとバージョンが古いっぽいのでコンパイルする

# wget wget http://www.sqlite.org/sqlite-amalgamation-3.7.3.tar.gz
# tar zxvf sqlite-amalgamation-3.7.3.tar.gz
# cd sqlite-3.7.3/
# ./configure
# make
# make install

まずはgitlabを落としてくる

# git clone git://github.com/gitlabhq/gitlabhq.git
# chown apache:apache gitlabhq // あとでapacheで動かす為

んでもってrailsとかインストールする

# gem install sqlite3
# gem install rails

あとは
readmeにそって行く

# sudo easy_install pygments
# gem install bundler
# bundle
# bundle exec rake db:setup RAILS_ENV=production
# bundle exec rake db:seed_fu RAILS_ENV=production

ちなみにすでにSQLite3をyumとかで入れていた場合はdb:setupのまえにこうしておくと良いかも

# export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib

んでまずは動作しているか確認する
※apacheが動いているし8080ポートで確認

# rails s -e production -p 8080

んでもってブラウザでアクセスして動いているようであれば速攻パスワード変えておく。
でもってやっぱpassengerとかつかってapacheの下で運用させたいのでその設定をする。

# gem install passenger
# passenger-install-apache2-module

vi /etc/httpd/conf.d/passenger.conf

LoadModule passenger_module /usr/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.9/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/passenger-3.0.9
PassengerRuby /usr/bin/ruby

あとはapacheの設定をしてあげればうまく動作すると思います。

comments powered by Disqus