Java九九表を表示させるプログラムその2

May 1, 2008,
tags: java メソッド 九九


このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の続きです。

お風呂でほかの書き方を思いついたので記載しておきます。
今度は若干オブジェクト指向を意識した書き方だと思いますが、僕はオブジェクト指向を理解していなので正しいかわかりません。。

でもまあnewしてみたり、プロパティ使ってみたりしているのでオブジェクト指向っぽいはず。

public class For3{
    private String kuku_list = "";//九九表

    public static void main(String[] args){
        For3 object = new For3();//For3のインスタンス化

        object.mulit(i);//九九表の作成
        object.render();//九九表の表示

    }

    //九九表作成メソッド
    private void mulit(int i){
        for(int i = 1; i < 10; i++){
            if(i > 0){
                for(int j = 1; j < 10; j++){
                    if(9 < (i * j)){
                        this.kuku_list += " "+(i * j);
                    }else{
                        this.kuku_list += "  "+(i * j);
                    }
                }
                this.kuku_list += "&yen;n";
            }
        }
    }

   //九九表表示メソッド
    public void render(){
        System.out.print(this.kuku_list);
    }

    //ゲッター
    public String getKukuList(){
        return this.kuku_list;
    }
}

しかし、mainのなかで自分のクラスをインスタンス化しているってのが気持ち悪い。
たぶん僕の認識の違いだとは思いますが…。

comments powered by Disqus