部下という表現があまり好きではない

October 12, 2015,
tags:


このエントリーをはてなブックマークに追加

なんというか、部下という表現があまり好きではない。
もちろん組織の役割として、部下というのは必要である事はわかっている。

ただ「部下がいる=偉い」みたいなイメージが自分の中にあって嫌だ。
本当は「組織の役割」でしかないはずなのに、上司の人としてのステータスの一部にになってしまう気がして嫌だ。

だから僕は基本同僚と表現するようにしている。

まあ、今は同僚はいないわけですがw

comments powered by Disqus