働き方がすごく変わった

March 3, 2015,
tags:


このエントリーをはてなブックマークに追加

すっかり3月になってしまい、もう今の会社に入社して2ヶ月が立ちました。
本当にここまであっという間に終わってしまっているなぁーという感じです。

働き方がすごく変わった。

前職とは違って、時間に縛られない形で仕事をしています。 リモートで作業したり、会社に出勤して作業したり、自由です。

フリーランスで働いていた事もあるし、余裕だろうとかも思いましたが、最初は全然なれなかったです。
やはり働く時間が決まっていると、人間というのは行動しやすいものです。 それが、全部自己責任で考えて行動しなければいけなくなるので、若干仕事がやり辛かったです。

リモートワークが正しいという話。

最近はリモートワークな会社が増えてきているかと思いますが。
よくリモートワークできる組織がいいとか言う意見もありますが、良い悪いって話ではないのかなぁーと思ったりするんですよね。 確かに個人的には時間に縛られないとか、家に引きこもれるとか、amazonで注文してすぐに受け取れるとか、様々なメリットはあります。
でもやっぱり、組織としてどのフェーズにいるとかそういうのも重要なのかななんて思います。

今は人数が少なくて、みんなが自由に行動してもロスする時間が発生しないので、今の組織には合っている思います。
ただ、これが人数が増えて、部下のマネージメントをしなければならないとかなったら、やっぱ話はちがうのかなぁーと思います。

状況や組織に属する人によっても変わってくるとは思いますが。

それでもやっぱりリモートワークが好き。

とはいえリモートワークは好きです。
好きな音楽をスピーカーで鳴らしながら一人でコード書くのは本当に好きです。 若干仕事しすぎてしまう感は拭えませんが。

たぶんこの働き方が好きな理由には父親の働き方がすごく影響しているのかと思います。
僕の父親は小さな町工場を経営していました。
もちろん、毎日会社に出勤して時間通りに働いていたわけなんですが、社長になる前はちょっと違う働き方をしていました。  

社長になる前は、工場とは別の場所に父親一人のための作業スペースがありました。
昔父親が独身の頃に住んでたとか、そんな感じだったとは思いますが、工場での仕事より設計の仕事がメインだった父親だけは、工場とは別の場所で作業してました。

小さい頃は、よく遊びにいってたんですよね。父親のその作業スペースに。
僕が小学生の頃は、土曜日は午前中に授業がある日があったんですが、その帰りに学校からよく父親の作業スペースに行っていました。
学校から自宅に帰るより父親の作業スペースに行く方が近かったという理由もあったんですが、働く父親の姿を見てるのが好きだったのかもしれません。

そこで、父親が大音量で聴いてたJazzや、コーヒーの香り、何とも言えない作業スペースの風景。

なんかよくわからないけど、かっこよかったんですよね。
すごく、自由に働いている感じが。

そんな憧れがあったからこそ、リモートワークが好きなんだと思います。

まとめ。

2ヶ月たって、楽しく働けているので、それはそれでいいのかなぁーと思います。コードレビューされない不安んとかはありますがw いい環境で働けているので、より楽しく、効率良く働けるよう頑張っていこうと思います。

まとめのまとめ。

ランチ自由に行ける人なので、暇なひととかランチいきたいなぁーってひとは気軽にtwitterか何かで誘ってくださいw

comments powered by Disqus