CentOS6入れてみた

September 7, 2011,
tags: centos linux


このエントリーをはてなブックマークに追加

社内で使うためのファイルサーバが必要になったのでCentOS6をいれますた。

どうせならスペック低めなWindowsでXAMP使って開発している某氏の為にもLAMP環境も構築してあげようとおもったのえLAMP環境いれてみようと。

ちなみにPHP5.3系、MySQLは5系ということで、いれてみようと思います。
とりあえず最初にyum関連のうpでーとしときます

# yum -y update

次にsambaとswatいれときます。
めんどいからsambaはswatで設定www

# yum -y install samba samba-swat

あとはごにょごにょswatで設定すればおk。

次に、LAMP環境にいれます。
とりあえずRPMForge, Epel, Remiリポジトリをインストールします
#RPMforge

# rpm --import http://dag.wieers.com/rpm/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
# rpm -ivh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm

#Epel

# rpm --import http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL
# rpm -ivh  http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm

#Remi

# rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi
# rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/5/remi/i386/remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm

んでもってMySQLをつっこむ。

# yum --enablerepo=remi -y install mysql-server mysql-devel

自動起動も設定しちゃうYO

chkconfig mysqld on

んでrootのパスワードぐらいは設定しておく

# /etc/init.d/mysqld start
# mysql -u root

mysql> set password for root@localhost=password('hoge');
mysql> set password for root@127.0.0.1=password('fuga');

そしてapache様のインストール

yum -y install httpd httpd-devel

で、最後にPHPのインストール!

yum --enablerepo=remi install php php-cli php-common php-devel php-pear php-pecl php-mbstring php-mysql php-gd

ついでに開発用マシンにするのでxdebugでもいれておきましょう

# pecl install xdebug

vim /etc/php.ini

[Xdebug]
extension=xdebug.so

これでおk。
あとは楽しく開発するだけですね。

comments powered by Disqus