BlazeDSでSessionの値を扱う。

March 29, 2010,
tags: blazeds java session


このエントリーをはてなブックマークに追加

remotingでBlazeDSをさくさく書いていたとき、Sessionを使いたいことって結構あるかと思います。
基本的には「BlazeDSとセッション変数、Springのsessionスコープ その2」を参考にさせていただきました。

基本的にはFlexContextクラスから受け取ることができると思います。
HTTPリクエストとかレスポンスとかも受け取ることができたりします。

ほとんどHttpServletと扱い方は変わりません。
HttpRequestからSessionを取得するの同じです。

FlexContext.getHttpRequest().getSession()

もう少し使いやすいくしておきたかったので、こういう風にクラスを作成しました。

package polidog.blazeds.session

import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;
import javax.servlet.http.HttpSession;

import flex.messaging.FlexContext;

public class Session {

	protected HttpServletRequest getRequest()
	{
		return FlexContext.getHttpRequest();
	}

	protected HttpServletResponse getResponse()
	{
		return FlexContext.getHttpResponse();
	}

	public HttpSession getSession()
	{
		return getRequest().getSession();
	}

	/**
	 * Session idの取得
	 * @return
	 */
	public String getSessionId()
	{
		String ret = "";
		try {
			System.out.println(getSession().getId());
			return getSession().getId();

		} catch( NullPointerException ne){
			return ret;
		}
	}

}

これで結構さっくり使えると思います。
あとはリモーティングのときに使用するクラスでimportしてあげればいいだけです。

comments powered by Disqus