CentOS5.3にTomcat6をインストール

January 20, 2010,
tags: centos5.3 java linux tomcat


このエントリーをはてなブックマークに追加

本当はyumでさっくりインストールしたかったんですが、どうやらリポジトリがないっぽいんで、諦めてソースから入れることにしました。

手順としては以下のようになると思います。

  1. jdk6のダウンロード
  2. JDK6のインストール
  3. JAVAのパス設定
  4. Tomcatのダウンロード&インストール

という感じでしょうか?

1.jdk6のダウンロード

まずはSunのサイトからjdk6をインストールします。
2009年1月19日の時点では、JDK 6 Update 18をダウンロードしました。

2.JDK6のインストール

ダウンロードしてきたファイルを実行してJDKをインストールします。
今回JDKを配置する場所は「/usr/local/lib」とします。

``` [root@vcube03 ~]# cd /usr/local/lib [root@vcube03 ~]# chmod +x jdk-6u12-linux-i586-rpm.bin [root@vcube03 ~]# ./jdk-6u18-linux-i586.bin ```

3.JAVAのパス設定

/etc/profileの中にパスを記述します。

``` [root@vcube03 ~]# vim /etc/profile ```

そして下の3行を追加します。

``` export JAVA_HOME=/usr/local/lib/jdk1.6.0_18 export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar ```

4.Tomcatのダウンロード&インストール

今回Tomcat6を置くためのディレクトリは「/usr/local/tomcat6」とします。
Tomcatのページから最新のTomcat6をダウンロードしていきます。

``` [root@vcube03 ~]# wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/tomcat/tomcat-6/v6.0.20/bin/apache-tomcat-6.0.20.tar [root@vcube03 ~]# tar zxvf apache-tomcat-6.0.20.tar.gz [root@vcube03 ~]# mv apache-tomcat-6.0.20 /usr/local/tomcat6 ```

ちゃんと起動するか確認しる。

``` [root@vcube03 ~]# /usr/local/tomcat6/bin/startup.sh Using CATALINA_BASE: /usr/local/tomcat6 Using CATALINA_HOME: /usr/local/tomcat6 Using CATALINA_TMPDIR: /usr/local/tomcat6/temp Using JRE_HOME: /usr/local/lib/jdk1.6.0_18 ```

あとはブラウザで「http://サーバー名 or IPアドレス:8080」をみてTomcatのページが出たらそれで設定完了です。

思ったよりも簡単に設定ができました。
あとで自動起動の設定とかしてみよう。

参考

http://lumber-mill.co.jp/gallery/view/tips/tomcat/install6_0

http://centossrv.com/tomcat6.shtml

comments powered by Disqus