第19回オープンソーステクノロジー勉強会に行ってきました。

November 22, 2009,
tags: gree_ost html5 勉強会


このエントリーをはてなブックマークに追加

GREEの第19回OSTに行ってきました。
今回はHTML5おはなし。株式会社あゆたの白石さんがスピーカーでした。

自分の興味があるとこ中心にまとめてみますた。

アプリケーションキャッシュ

オフラインwebアプリを実現 → ネットにつながっていなくてもwebアプリをつかえる!
キャッシュマニュフェスとファイルを作成

Web Database

クライアントで動作するRDBMS、SQLをフルに使える!!!
ドメインごとに分割され、他のドメインから操作はできない。
トランザクションもできるんかい。
非同期型API→裏で動く、コールバックで受け取る。コーディングが大変。,同期型API → ワーカーってのでしか使えない

Web Storage

利点:簡単に使える。、IE8とかで使える。
key valueがだのストレージ。
ローカルストレージは永続期間が無制限
セッションストレージ ウィンドウ閉じたらおしまい。

Web Workers

バックグラウンドで動作するJavaScriptのスレッド。Firefox,safalで使える。
スレッドとは厳密な意味でことなり、変数を共有できない → windows,documnetとかの変数もだめ。
ワーカー間でのデータ共有はメッセージング用のAPIをつかう。

ワーカーの生成
new Worker();
worker.postMessage()でメッセージを送る

<p>
  つらいところは、デバッガで追うことができない。<br /> メッセージングのコーディングが複雑になりやすい。<br /> 複数のメッセージをやり取りすると、長大なswitch-caseになりがち。→ fakeworker.jsってライブラリ使うと便利。デバッガで追える。
</p>

WebSockets

非HTTPで双方向通信を実現するためのAPI。pushできる!!commet不要!!
サーバ側にも専用の実装が必要。ポートは80,443。

new WebSocket(“ws://example.com”);

<p>
  webkit系なら使える。クロームも使えるみたい。
</p>

個人的に一番魅力に感じたのは、WebSocketsだと思います。pushできるとか本当に素敵すぎる!

懇親会に参加できないのは残念でしたが、HTML5の話が聞けてよかったと思います。
もっといろいろな勉強会に参加しなきゃだなぁーと思いました。

comments powered by Disqus